• 金. 10月 22nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    ハイパーインフレがレバノンを襲う:食料価格は200%急騰、内戦以来最大の危機

    ByRealtrade.news

    7月 27, 2020


    レバノンは中東と北アフリカで最初にそうしたハイパーインフレに参加しました。今月のインフレ率は462%、食品価格は約200%上昇しており、レバノンはベネズエラの超膨張に参加しています。一方、レバノンポンドは今年その値の82%を失っています。

    ハイパーインフレのレバノン

    ジョンズホプキンス大学の応用経済学教授であり、ハイパーインフレの専門家であるスティーブH.ハンケ氏は、レバノンは歴史上、中東および北アフリカ(MENA)地域でハイパーインフレを経験した最初の国となったと説明しました。

    ハンケ氏と同僚のニコラスクルス氏は、1945年のハンガリーや1992年から1994年のユーゴスラビアなど、ハイパーインフレが月間3億1300万パーセントに達した世界史で、61のハイパーインフレの事例を追跡しました。ハイパーインフレは、国のインフレ率が30日間連続して毎月50%を超えると発生します。

    7月22日、レバノンは世界で62回目のハイパーインフレのエピソードを記録簿に記録しました。彼はNational Reviewの出版物で次のように述べています。

    現在、2つのハイパーインフレが進行中です。年間インフレ率が462%であるレバノンのものと、年率が2,219%と急上昇しているベネズエラのものです。

    ベネズエラは4月からハイパーインフレに陥っている、とハンケは言った。さらに、現在深刻なインフレ問題を経験している新興市場は少数ですが、その数は増加していると述べました。ジンバブエ、シリア、スーダン、イランはすべて急増するインフレに直面しているが、現在ハイパーインフレに苦しんでいるものはいない、と彼は明らかにした。

    ロイター通信は、「インフレの根本的な原因は常に同じだ」と語った。 「政府はますます大きな財政赤字を実行し始め、中央銀行にそれらの赤字に資金を供給するように要求します、なぜなら税と債券の資金調達手段が不十分だからです。ハイパーインフレでは、中央銀行は実質的に政府の財政運営全体に資金を提供する必要があります。」

    これは1975年から90年の内戦以来のレバノンの最悪の危機であるとハンケは指摘した。国が3月に債務不履行になったとき、状況はさらに悪化した。 Credit Libanaisが引用した公式データによると、5月の食料と衣料のコストは、前年比でそれぞれ190%と172%急増しました。他のレポートは今月初めに同様の統計を示しています。

    レバノンポンド 82%を失った 1月以来の闇市場での米ドルに対するその価値の。 「公式の為替レートに関しては、レバノン人はそれを忘れることができる」とハンケは述べ、さらに付け加えた。

    彼らの貯蓄はレバノンの銀行で凍結されています。銀行には交換するドルがなく、崩壊を回避するために資本規制(厳格な引き出し限度額)を課しています。

    レバノンのハイパーインフレについてどう思いますか?以下のコメント欄でお知らせください。

    画像クレジット:Shutterstock、Pixabay、Wikiコモンズ

    免責事項:この記事は情報提供のみを目的としています。これは、購入または販売の申し出の直接の申し出や勧誘、または製品、サービス、または企業の推奨または承認ではありません。 Bitcoin.com 投資、税金、法律、会計に関するアドバイスは提供しません。この記事に記載されているコンテンツ、商品、サービスの使用または依存に起因または関連して引き起こされたとされる、または申し立てられた損害または損失については、会社も作者も、直接的または間接的に責任を負いません。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese