• 月. 10月 18th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    8月のマネーサプライの伸びは再び鈍化し、「通常の」レベルに戻る–シルバードクター

    ByTRADEVIEW FOREX

    10月 15, 2021


    マネーサプライの成長率の鈍化は、経済の弱さを示唆しており、これは…

    ライアン・マクメイケンミーゼス研究所

    マネーサプライの伸びは8月に再び鈍化し、6か月連続で低下し、18か月ぶりの低水準になりました。 つまり、米国のマネーサプライの伸びは前例のないレベルから低下し、今ではより「通常の」レベルに戻っています。 これは、マネーサプライが13か月前例のない前年比で増加した後のことであり、2020年4月から2021年4月までの毎月20%を超えています。

    2021年8月のマネーサプライの前年比(YOY)の伸びは8.2%でした。 これは、7月の8.9%から低下し、2020年8月の37.5%から低下しています。 成長は2021年2月に39.1パーセントでピークに達しました。

    歴史的に、2020年のほとんどの間、そして今年の4月までの成長率は、以前のサイクルで見られたものよりもはるかに高く、1970年代が近づく唯一の期間でした。

    ここで使用されるマネーサプライ指標—「真の」またはロスバード-サレルノマネーサプライ指標(TMS)—MurrayRothbardとJosephSalernoによって開発されたメトリックであり、M2よりも優れたマネーサプライ変動の測定値を提供するように設計されています。 ミーゼス研究所は現在、 定期的な更新 この測定基準とその成長について。 このマネーサプライの測定値は、FRBの財務省預金が含まれているという点でM2とは異なります(また、短期預金、トラベラーズチェック、および小売マネーファンドは除外されています)。

    TMS指標とは異なり、M2の成長率は、5か月の低下の後、8月に再び上昇し始めました。 8月のM2は、7月の12.5%の成長率からわずかに上昇して13.2%になりました。 それにもかかわらず、8月の金利は2020年8月の23.0パーセントから下がった。 M2の成長は、2021年2月に27.0%の新高値でピークに達し、その後3月から7月にかけて減少しました。

    マネーサプライの伸びは、多くの場合、経済活動の有用な指標であり、今後の景気後退の指標となる可能性があります。 好景気の時期には、商業銀行がより多くの融資を行うため、マネーサプライは急速に成長する傾向があります。 一方、景気後退は、マネーサプライの成長率が鈍化する時期が先行する傾向があります。 しかし、マネーサプライの成長は、その低成長の谷からうまく成長する傾向があります 不況の始まり。 景気後退が近づくと、TMSの成長率は通常上昇し、M2の成長率よりも大きくなります。 これは、2002年と2009年の危機の初期に​​発生しました。 同様のパターンが2020年の不況の前に現れました。これは、米国がcovidが閉鎖される前でさえ不況に向かっていたことを示唆しています。

    FRBの刺激策とローンの伸びの低下

    中央銀行は、経済を「刺激」し、失業者に収入を提供し、金融機関に流動性を提供するために、これまでにないさまざまな取り組みを続けています。 たとえば、FRBは最近、債券の購入とMBSの購入を「漸減」することをほのめかしましたが、FRBのポートフォリオは拡大を続けています。 2021年10月の時点で、FRBは合計1,200億ドルの毎月の資産購入を削減していません。 これらの資産購入はまた、財務省が非常に低い金利で数兆ドルを借り続けることを可能にすることにより、間接的に財政政策を可能にします。 これは金銭的な成長をもたらします。

    それでも、 遅くなる マネーサプライの伸び率は経済の弱さを示唆しており、これは一部には貸付活動の低下に見られます。 たとえば、コマーシャル 8月の不動産ローンは2.8%しか伸びなかった 前年比で、8月の成長は5月の8年ぶりの低水準の貸付活動をはるかに上回っていません。 一方、前年比の成長 商業および産業ローン 今年の4月以来、マイナスの領域にあり、2008年の金融危機後の西側の貸付が急減して以来の最低水準にまで落ち込んでいます。

    成長率を低下させるもう1つの要因は FRBの財務預金の合計が減少している。 これらの合計はTMSのマネーサプリメント指標に考慮されており、この合計は2020年7月の1.7兆ドルから、今年の8月には3,910億ドルに減少しました。

    全体として、TMSの成長がM2の成長を下回っていることは、経済活動の弱体化を示唆しています。 さらに、9月の雇用合計は、雇用の伸びが危機前の合計をはるかに下回って横ばいになっていることを示唆しています。 だけで 9月に194,000の新しい仕事が追加されました、雇用の合計は、2020年2月のピークを下回る500万以上の仕事のままです。 V字型の雇用回復への期待は、長い間消え去っています。

    著者:

    RyanMcMakenに連絡する

    Ryan McMakenは、ミーゼス研究所の上級編集者です。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    English English Japanese Japanese