• 金. 10月 22nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    今日の金の価格:米連邦準備理事会に先んじて金の落ち込みを記録

    ByRealtrade.news

    7月 29, 2020


    金は火曜日に 米国連邦準備制度 より多くを提供することが期待される政策会議 金融刺激 地金は以前に到達した史上最高値から引き戻されたが、コロナウイルスのヒット経済をサポートするため。

    午前11時10分EDT(グリニッジ標準時1510)の時点で、スポットゴールドは0.3%上昇して1オンスあたり1,947.51ドルでしたが、米国の金先物は0.93%上昇して1オンスあたり1,949.00ドルでした。

    金はセッションの早い段階で1オンスで過去最高の1,980.57ドルに急上昇しましたが、投資家が利益を計上し、 ドル 跳ね返った。

    「強い勢いが訪れると、すぐに利益を上げようとしている多くの投機家がいます」と、トレーダーのマイケル・マトセック氏は語った。 米国のグローバル投資家

    「根本的に何も変わっていない、インフレを課す赤字と低金利はまだここにあるので、本当に金を所有しない理由はない」と語った。

    投資家は今2日間を見ています FRB 火曜日から会合が開かれ、緩和政策のスタンスを繰り返すことが広く期待されている。

    FRBは、年末までに融資施設のいくつかを延長することを発表しました。

    パンデミック感染の拡大、中米の緊張の高まり、大規模な刺激、パンデミックヒット経済を支援する低金利環境により、今年の金の回復は28%に達しています。

    金の価格は、次の12か月間で1トロイオンスあたり2,300ドルに上昇すると予想されています。 ゴールドマン・サックス としての米ドルの寿命に関する懸念として、 予備通貨 出現し始めた。

    ゴールドマン氏はまた、「金が最後の手段となる通貨であると長年維持してきた。特に、政府が不換通貨をデベースし、実質金利を史上最低水準に押し上げている現在のような環境では」と述べた。

    火曜日のドル指数は2年ぶりの安値で跳ね返りましたが、米国がコロナウイルスの症例の増加を引き続き見たため、さらなる弱さの準備ができているように見えました。

    シルバーもオンス当たり6.4%上昇して26.19ドルに後退しました。それはオンス当たり24.37ドルで最後の約1%下落した。

    プラチナは0.9%下落して1オンスあたり936.90ドルになり、パラジウムは1.9%下落して1オンスあたり2,266.64ドルになりました。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese