• 日. 10月 17th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    宝石商は2021年6月までに100%の金の特徴を達成する見込みはありません:IBJA

    ByRealtrade.news

    7月 30, 2020


    宝石商 全国で100%を達成することはほとんどありません 金の特徴 India Bullion and Jewellers Association(2021年6月までに、政府によって設定された新しい期限IBJA)。

    現在、国内のほぼ30万の宝石商のうち、3万人の宝石商のみがBIS(インド規格局)の認定を受けており、特徴的な金を販売しています。

    政府はCovid-19のパンデミックを考慮して、義務的な特徴付けの期限を2021年1月15日から2020年6月1日に延長しました。

    「私たちは、ロックダウンで3か月を失い、現在、市場が復活するには少なくとも9か月を必要とする可能性があるため、2022年1月まで期限の延長を政府に要請しました」

    彼はまた、消費者保護法の導入後、政府はホールマーキング法全体を見直す必要があると述べた。

    「消費者保護法は適用範囲がはるかに広く、販売とサービスのすべての側面をカバーしていますが、特徴表示法は限られた地域に対応しています。さらに、消費者保護法と標章法には異なる罰則があります。 2つの異なる法律でのこのような異なる罰則は、消費者の正義の獲得を遅らせる可能性がある」とMehtaは述べた。

    宝石商は、金価格が10グラムあたり約5万ルピーに急騰し、市場に広まっている経済の不確実性のために、金の宝飾品の販売は最近ほとんどないと述べた。宝石商が自社の製品を販売できない限り、在庫を特徴的な金で置き換えることはできないと彼らは言った。

    All India Gem&Jewellery Domestic Councilの会長、Anantha Padmnabhan氏は、2021年9月までに宝石店は在庫の70%を特徴的な金に置き換えることができると語った。 「在庫を特徴のある金で完全に置き換えるには、さらに3〜4か月必要です。したがって、期限は2022年1月1日まで延長されるべきです。「期限が2021年6月1日である場合、小さな宝石商は苦しむでしょう」と彼は言った。

    しかし、インドホールマーキングセンター協会の会長であるUday Shinde氏は、次のように述べています。「今年10月までに、少なくとも10万人の宝石商が必須のホールマーキングを選択することを期待していました。しかし、パンデミックはプロセスを遅らせました。しかし、プロセスは2021年6月1日を超えて遅らせるべきではないと私は感じています。日付をさらに延期する必要がある場合、宝石店は政府に銘柄と銘柄なしの在庫を開示する必要があります。」





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    English English Japanese Japanese