• 月. 10月 18th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    Brookfield Asset Managementは5億ドルから7億ドルのREITオファリングを準備します

    ByRealtrade.news

    7月 26, 2020


    ムンバイ:カナダの代替 投資メジャー Brookfield Asset Managementは、5億ドルから7億ドルを調達することを計画しています。 不動産 現在の会計年度末までに投資信託(REIT)は、開発の直接の知識を持つ2人は言った。

    「投資銀行家を巻き込んで、REIT上場を通じてインドの資産を収益化するプロセスはすでに始まっています。 REIT案は3月末までに上場される予定だ」と述べた。

    正確なサイズ、希薄化、その他の要素は、このオファリングで提供される予定の資産とともにまもなく完成する、と彼は言った。

    インドのREITセグメントは勢いを増しており、大規模なポートフォリオオーナーは、乙女REITエンバシーオフィスパークのリスティングとパフォーマンスが成功した後、保有物件の一部をここにリストアップする準備を進めています。

    Embassy Groupと米国のプライベートエクイティメジャーBlackstone Groupに支えられたこのREITは、昨年の上場以来、分布と14%の価格上昇を含め、これまでに22%以上のリターンを提供しています。

    K Raheja CorpとBlackstoneに支えられて、4,500ルピーを上げることを目的とする国の2番目のREIT発行のMindspace Business Parksも月曜日にオープンします。戦略的投資とアンカー投資の両方がそれぞれ1,125ルピーと1,519ルピーの価値があるため、提案されているREIT問題はすでに59%近くが加入しています。

    ETのメールクエリ ブルックフィールド資産管理 未回答のまま。

    インドでは、ブルックフィールドは、2200万平方フィートのオフィス物件を含むインフラストラクチャおよび不動産資産のポートフォリオを所有および運営しています。これまでのインド最大の商業スペースポートフォリオ契約では、ムンバイのポワイ郊外にあるHiranandani Groupのオフィスと小売スペースを2016年10月に約10億ドルまたは6,700ルピーで買収しました。

    これに先立ち、2014年には、Unitech Corporate Parks(UCP)が所有する4つの特別経済区で100%の株式を取得し、国内の他の2つの資産で60%の株式をRs 3,500クロースで取得しました。ロンドン証券取引所に上場しているインドに特化した不動産投資会社UCPの子会社であるCandor Investmentsの全株式を購入した。その後、他の2つの物件の残りの40%を取得しました。

    最近、その子会社の1つが、バンドラカーラコンプレックス(BKC)のゴドレイBKCにある問題の会社であるジェットエアウェイズの2階建てオフィスを買収しました。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    English English Japanese Japanese