• 火. 1月 18th, 2022

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    原油価格:OPEC +が生産量の増加を阻止するという賭けで石油価格が上昇

    ByTRADEVIEW FOREX

    11月 30, 2021


    メルボルン: 石油価格 火曜日に上昇し、オミクロンコロナウイルス変異体の重症度が不透明な中、主要生産者が1月に原油供給を追加する計画を一時停止するという期待の高まりに対する先週の急落からの反発を拡大した。

    米国西テキサス中級 (WTI)原油先物は、グリニッジ標準時0105で99セント(1.4%)上昇して1バレル70.94ドルとなり、月曜日には2.6%上昇しました。

    ブレント原油 月曜日に1%上昇した後、先物は82セント(1.1%)上昇して1バレル74.26ドルになりました。

    金曜日の石油は、大幅に変異したオミクロンが新たな封鎖を引き起こし、世界的な成長を阻害することを恐れて、他の市場とともに約12パーセント急落した。

    世界保健機関は月曜日にオミクロンが感染サージの非常に高いリスクをもたらしたと言いました、そしていくつかの国は旅行の抑制を強化しました。 新しい亜種がどれほど深刻であるか、そしてそれが既存のワクチンに抵抗できるかどうかはまだ不明です。

    雲の下での需要見通しにより、12月2日に会合する予定の石油輸出国機構、ロシアおよびその同盟国(OPEC +と呼ばれる)が1日あたり40万バレル(bpd)を追加する計画を保留するという期待が高まっています。 1月の供給の。

    コモンウェルス銀行のコモディティアナリスト、ビベック・ダール氏は、「オミクロンの変種と主要な石油消費者による石油備蓄の放出を考慮して、グループは生産量の増加を一時停止する傾向があると思う」と述べた。

    先週、米国やその他の主要な石油消費国が価格の高騰に対処するために緊急原油埋蔵量を発表した後、OPEC +内で供給計画を再検討する圧力がすでに高まっていました。

    OANDAのアナリスト、エドワード・モヤ氏は、「世界的な戦略的備蓄の解放と、南アフリカや近隣諸国への往復旅行を制限する数十カ国の発表を受けて、OPECとその同盟国は、生産の停止や生産のわずかな削減さえも簡単に正当化できる」と述べた。メモ。

    月曜日に世界大国とイランの間で核協定の復活に関する協議が再開されたときの外交官からの明るいコメントに続いて、イランからの石油輸出の再開の見通しも市場に重くのしかかっている。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese