• 月. 10月 18th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    マネタリストホークの金銭的配置と金の反射

    ByRealtrade.news

    7月 29, 2020


    緩やかな通貨条件のみをサポートする人々は危険なバブルを生み出しています…

    ペンティ・ピッカライネン Voima Insight

    私は中央銀行、財務省、および大学のいくつかのポジションでエコノミストとして働いてきました。金融の取り決めは、政策担当者または研究者として常に私の焦点に置かれてきました。

    フィンランド銀行で働いていたとき、私の同僚の何人かは私をモネタリストホークまたはハードラインモネタリストと呼んでいました。私はネーミングと恥ずかしさは好きではありませんが、その説明は金融問題に関する私の考えをかなりよく反映しています。

    私は、通貨集計の発展と信用拡大に注意を払うべきであるという意味で、昔ながらのモネタリストです。通貨の拡大が非常に速く、潜在的な生産高の伸びよりも明らかに速い場合は、長期的には、経済が不均衡な状況に向かっていることを示しています。通常、資産価格(自社、株式、債券市場)は急上昇しており、バブルが発生しています。バブルが崩壊すると、経済は問題に直面し、一般の人々が苦しみます。

    私は金融政策を引き締め、健全な財政政策を実施することがどれほど難しいかを知っているという意味でタカです。金利を引き下げることは簡単で人気がありますが、金融政策を引き締めても拍手はかかりません。実体経済と金融経済のバランスを保つために、場合によっては金融引き締めが必要です。緩やかな通貨条件のみをサポートする人々は、危険なバブルを生み出しています。

    時折、持続不可能な金銭的取り決めを特定することができます。国は適切でない為替レート制度を選択するかもしれません。たとえば、国が固定為替レート制度の厳しい要件に対応できない場合、最終的に取り決めは崩壊します。フィンランドでは、1992年に固定為替相場制度が崩壊しました。通貨同盟の単一のメンバーまたは通貨同盟全体についても同様です。弱いメンバーへの恒久的な財政移転がない場合、彼らは組合を去ることがあります。

    私は暗号通貨のファンではありません。私は暗号通貨を詐欺と見なしています。あなたは暗号通貨で推測することによって多くのお金を稼ぐかもしれませんが、暗号通貨は何にも支えられていないことを理解する必要があります。私は暗号通貨から遠く離れています。

    2008年に世界的な金融危機が始まり、2010年にユーロ圏の危機が始まって以来、(主要な)中央銀行は金融市場に莫大な流動性を注入してきました。彼らはcovid-19危機の間も政策を続けてきました。

    このような状況では、拡張的な金融および財政政策が正当化されます。ただし、拡張政策が行き過ぎるリスクがある。私たちが観察するすべてのものは、必ずしも健康で持続可能なものではありません。

    これは金とどのように関連していますか?

    アメリカがブレトンウッズ体制における金と米ドルとの関係を廃止したとき、私はあまり幸せではありませんでした。この取り決めは国際通貨制度に規律を課した。

    現在の金融の取り決めでは、規律は部分的になくなったと思います。極端なケースはベネズエラとジンバブエです。ベネズエラとジンバブエのハイパーインフレは大きな被害をもたらし、国民を傷つけてきました。中央銀行がこれらの例に従うことを奨励すべきではありません。

    無責任で持続不可能な経済政策および金融協定の結果から身を守るための1つのアプローチは、ポートフォリオの一部として金を保有することです。これは多くの研究で実証されています。極端な状況では、それが唯一のアプローチと保護になる場合があります。ハイパーインフレでは、通常、米ドルと金が現地通貨に取って代わります。また、中央銀行は準備金により多くの金を保有すべきだと思います。これは、中央銀行が責任を負い、「深刻」であり、バランスシートに現実的な何かがあることを示す指標です。

    ペンティピッカライネンは経済学と金融の専門家です。彼は、フィンランド銀行と財務省から幅広い経歴を持っています。彼はまた、フランクフルトとブリュッセルでのEU協力、北欧投資銀行NIB、シトラ​​、および国庫にも積極的に関与しています。

    Pentti Pikkarainenは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で経済学の博士号を取得しています。彼の現在の関心には、国際金融経済学、金融市場、経済成長、行政、および政治的意思決定が含まれます。科学的な出版物に加えて、ピッカライネンは経済政策に関する記事、コラム、ブログを書いています。

    ヴォイマでは、ピッカライネン氏がアドバイザーとしての地位にあり、ヴォイマのビジネス開発とビジネス戦略の意思決定に金融的および経済的洞察を提供しています。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    English English Japanese Japanese