• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    今日の石油レート:市場がOPEC +の明快さを待っているため、石油は転落後も安定

    ByRealtrade.news

    7月 11, 2021


    東京:水曜日の石油価格は、世界の主要な原油輸出国が市場シェアを獲得するためにタップをオンにするという見通しを高めたOPEC +生産者間の協議のキャンセルを受けて、前のセッションで急落した後、安定しました。

    ブレント原油 火曜日に3%以上下落した後、0115GMTまでに1バレル74.56ドルで3セント上昇しました。米国の石油は7セント上昇して1バレル73.44ドルで、前のセッションで2%以上下落しました。

    OPEC +のエネルギー大臣、以下を含むグループ 石油輸出国機構 ((OPEC)ロシアや他の産油国とともに、月曜日に供給政策に関する協議を終了した。

    最大のOPEC生産国であるサウジアラビアとアラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)は、パンデミックによる需要の落ち込み後の価格を支えるために設計された供給制約の拡大に反対し、議論の失敗の背後にある主な理由でした。

    「規制されていない産出物を市場に戻す可能性のあるOPEC +の反乱の可能性がある」と語った。 リスタッドエナジー 石油市場アナリストのルイーズ・ディクソン氏はメモで述べた。

    それにもかかわらず、「市場は消費者にとって厳しすぎており、特に米国では、石油が消費者と産業にとって不快なほど高価になっている」とディクソン氏は付け加えた。

    OPECは金曜日に、8月から12月にかけて1日あたり約200万バレルの生産量を増やし、残りの生産量の削減を来年末まで延長することを決議しましたが、UAEの抵抗は合意を打ち砕きました。

    交渉の内訳は当初、石油価格を上昇させ、米国の石油は2014年以来の最高値を記録した。

    ゴールドマンサックスは、議論の失敗がOPECの生産政策を曇らせたと述べたが、銀行はブレントが来年初めに1バレルあたり80ドル上昇するとの予想を繰り返した。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese