• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    バイデン政権はOPEC +協議で「妥協案」を推進

    ByRealtrade.news

    7月 12, 2021


    ワシントン:バイデン政権は、停滞しているOPEC +の石油生産交渉で「妥協案」を推進している。 ホワイトハウス 広報担当者は月曜日に言った。

    OPEC +の閣僚は、月曜日にこれらの会談を中止した。 アラブ首長国連邦 生産量を抑制するために提案された8か月の延長を拒否した。 OPEC +の4つの情報筋は、ロイターに対し、取引に向けた進展はないと語った。

    ホワイトハウスのスポークスパーソンは声明のなかで、「米国は、OPEC +交渉と、COVID-19パンデミックからの世界経済の回復への影響を注意深く監視している」と述べた。

    「私たちはこれらの協議の当事者ではありませんが、行政当局は、提案された増産を前進させることを可能にする妥協案を促すために関連する首都と関わってきました。」

    の上昇 石油価格は2018年以来最高レベルにあり、燃料インフレの懸念を助長しています。アメリカ大統領 ジョー・バイデン コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた不況からの経済回復は、彼の政権にとって重要な優先事項となっています。

    バイデンの補佐官は匿名を条件に、回復を促進し、手頃で信頼できるエネルギーという政府の目標を達成するためには、安定した石油市場の状況が必要であると述べた。

    国際ベンチマーク ブレント 月曜日の原油は1バレル77ドルを超えて取引されており、セッションでは1.2%高でした。

    OPEC +は、 石油輸出国機構 ロシアや他の大手生産者との間で、パンデミックが発生したため、昨年は世界の生産量の約10%に相当する約1,000万バレル/日(bpd)の生産量削減を記録することに合意しました。縁石は徐々に緩和されており、現在約580万バレル/日です。

    ザ・ アラブ首長国連邦情報筋によると、金曜日にサウジアラビアと他のOPEC +メンバーから、8月から12月にかけて段階的に生産量を約200万バレル/日引き上げる提案を受け入れたが、残りの削減を現在の4月の終了日から2022年末まで延長することを拒否した。現在のベースライン生産。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese