• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    シェルは、サービスとしての炭素回収と貯留の有益な未来を見ています

    ByRealtrade.news

    7月 14, 2021


    沿って ローラ・ハースト オン 2021年7月13日

    ロンドン(ブルームバーグ)-温室効果ガスの排出量を把握し、地下に埋めることは、世界が地球温暖化を遅らせることを望んでいる1つの方法です。また、この技術を開発している石油・ガス会社にとっても金儲けになる可能性があります。

    業界は、より多くの炭化水素を地面から汲み出す方法として、何十年にもわたって炭素隔離を使用してきました。今日、エネルギー会社は、政府の補助金の助けを借りて、自社の排出物だけでなく、鉄鋼やセメントなどの他の産業によって生産されたものも埋めるために、炭素回収および貯留技術を拡大しようとしています。

    業界は「サービスとしてのCCS」の使用を「非常に迅速に」作成しようとしていると、ロイヤルダッチシェルの統合ガス、再生可能エネルギー、新エネルギーソリューションの責任者であるマールテンウェツェラーは最近のインタビューで述べています。

    エネルギー専攻は現在、ノルウェーのオーロラからオランダのポルトスまで、多くの主要なCCSプロジェクトに関連しています。シェルは火曜日に、カナダのアルバータ州にあるスコットフォードコンプレックスに3億トンの貯蔵容量を持つ大規模施設を建設することを提案していると述べた。ただし、これまでのところ、運用されているのは、カナダのQuestとオーストラリアのChevronCorp。が運営するGorgonプロジェクトの2つだけです。これらのプロジェクトは「一次元的」であり、「私たち自身の資産の排出量に非常に重点を置いています」と、CCS SyrieCrouchのシェル責任者は述べています。

    質問は今、シェル自身の排出量を捕らえることを超えてCCSが何を提供できるかということに移っています、とクラウチは言います。それが排出量の捕捉を必要とする青い水素産業を支援するのか、それとも産業ハブの重い排出者に炭素サービスを提供するのか。

    HSBCホールディングスのアナリスト、タレク・ソリマン氏は6月30日、多くの大手排出者がCCSをコアコンピタンスを超えていると見なしているため、プロセスを外部委託することを検討していると述べています。それらの排出量を把握する方法として。 「インプットとしてのプロセス産業でのCO2の幅広い使用は、二酸化炭素の回収と供給が収益性の高いビジネスになる市場を促進する可能性もあります」とソリマン氏は言います。

    証明されていないテクノロジー

    CCSはネットゼロへの道において重要な役割を果たすように設定されていますが、批評家は、大規模な技術の実現可能性はこれまで証明されていないと言います。 2070年までに地球温暖化を産業革命前のレベルの摂氏2度以内に維持するというシェル自身のシナリオによると、昨年の50未満から、今後50年間で10,000の大規模施設を建設する必要があります。

    ノルウェーのEquinorASA、TotalEnergies SE、Shellに支えられた北海のノーザンライツプロジェクトは、純粋にサービス産業としてCCSを開発する次の段階を表しています。このベンチャーは、産業用CO2排出量を液化し、海外に輸送して埋めます。 「これがシンクです。これが配送ソリューションです。CO2を回収し、回収して、関税で保管します」とクラウチ氏は言います。

    モデルは、「天然ガスを販売し、CO2を回収します」となる可能性もあります」とWetselaar氏は言います。これにより、炭素価格、輸送コスト、国境を越えた輸送など、複雑さがさらに増します。しかし、ネットゼロを目指す国が増えるにつれ、これらの問題はますます探求されています。

    「実施することはたくさんありますが、それは議論されていることです」とクラウチは言います。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese