• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    今日の金レート:イエローメタルは95ルピー上昇。ドルキャッピングゲインの上昇

    ByRealtrade.news

    7月 14, 2021


    ニューデリー: ゴールド 銀先物は水曜日にグリーンで取引され、国際市場のトレンドに逆行しました。しかし、利益は堅調なドルによって制限され、それは通常地金保有者にとって物事を困難にします。

    ドル指数は安定しており、火曜日の終わりにほぼ1か月で最高の日次パーセンテージ上昇が見られました。ドル高は他の通貨保有者にとって金をより高価にします。

    マルチ商品取引所(MCX)の金先物は、0.20%(95ルピー)上昇し、10グラムあたり47,984ルピーでした。銀先物は0.06%、つまり38ルピー上昇して1kgあたり69,119ルピーになりました。

    「イエローメタルは、米国のデータに先んじてドル安で終日堅調な取引を続けました。米国の消費者物価指数が市場予測を上回った後、金価格は夕方のセッションで上昇しました。市場のプレーヤーは現在、連邦準備制度理事会の証言が新たな引き金を見つけるのを待っています」とHDFC証券のシニアアナリスト(コモディティ)であるタパンパテルは述べています。

    「米ドルに明確な傾向がない限り、金は不安定なままである可​​能性があります。しかし、低金利を維持することに重点が置かれる中、買い意欲は低くなる可能性があります。」

    インドの現物の金は、コロナウイルスの症例の急増が厳しい制限を促し、買い手を遠ざけたため、先週2021年に初めて割引価格で販売されました。インド地金宝石協会によると、スポット市場では、金曜日に最高純度の金が46,791ルピー、銀が67,800ルピーで販売されました。

    取引戦略
    「COMEXスポットの金のサポートは1,795ドル、レジスタンスはオンスあたり1,820ドルで、金価格は当日横ばいで取引されると予想しています。 MCXゴールドオーガストのサポートは10グラムあたり47,500ルピー、レジスタンスは48,200ルピーです」とTapanPatel氏は述べています。

    グローバル市場
    スポット金は、0057 GMTの時点で、オンスあたり1,806.07ドルで横ばいでした。米国の金先物は0.2%安の1オンスあたり1,807.20ドルでした。

    銀は25.97ドルで横ばい、パラジウムとプラチナはそれぞれ0.1%増の2,830.14ドルと1,105.02ドルでした。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese