• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    OPECは、パンデミック前の石油需要が2022年に戻ると予測しています。

    ByRealtrade.news

    7月 17, 2021


    沿って グラントスミス オン 2021年7月16日

    ロンドン(ブルームバーグ)-OPECは、パンデミック以来まだ閉鎖されていた生産を復活させるための契約にグループが近づくにつれて、今年と来年に原油の需要が徐々に回復すると予測している。

    石油輸出国機構からの供給の必要性は高まり続け、グループの現在の生産量をはるかに上回り、2022年の後半までにウイルス前のレベルを超えます。同グループは、世界市場が黒字に戻ったと述べた。

    「2022年に向けて、リスクと不確実性が大きくなり、Covid-19パンデミックからの回復を確実にするために注意深い監視が必要です」とOPECは来年の最初の詳細な見積もりを含む月次報告書で述べました。

    混合された見通しは、OPECとその同盟国(まだ批准されていない)による計画に適合しており、1日40万バレルの月間トランシェでオフラインでまだ大量の生産を穏やかに回復します。そのロードマップが承認される前に、グループはまずアラブ首長国連邦とサウジアラビアの間の問題を解決する必要があります。

    両国は、UAEが不当に低い生産制限であると言っていることをめぐる論争の解決において進歩を遂げました。彼らが苦い行き詰まりを克服することができれば、連立はアイドル状態のバレルを再開することを進めることができます。

    米国と中国では封鎖解除により燃料消費量が急増しているため、国際石油価格は2年半で最高水準近くで取引されており、ロンドンでは1バレルあたり約74ドルです。それでも、コロナウイルスの亜種からの脅威の中で原油は不安定なままであり、OPECの内部衝突がその結束をほぐす可能性があることを恐れています。

    OPEC事務局のウィーンに本拠を置く研究部門が木曜日に発表した分析は、カルテルが慎重に動きたい理由と、アブダビの生産量の増加に対する主張が最初に拒否された理由を強調しています。

    OPECは、世界の石油需要が2022年に1日あたり330万バレル(約3.4%)増加し、コロナウイルスが出現して以来初めて第3四半期に1日あたり1億バレルを超えると予測しています。しかし、そのレベルに達する前に、消費は第1四半期に再発し、1日あたり9,700万に戻ります。

    需要の回復の多くは、OPECのライバルからの供給の復活によって満たされるでしょう。非OPECの生産量は、来年、1日あたり210万バレル、つまり3.3%増加し、その成長の約3分の1は、カルテルの長年の競争相手である米国によるものです。

    組織からの原油の需要は、2022年の後半に1日あたり3000万バレルを超え、6月に​​汲み上げた2600万バレルを大幅に上回ります。これにより、パンデミック時に削減された生産量の約40%をすでに回復しているOPECとそのパートナーは、ほぼ正常なレベルで生産できるようになるはずです。

    同組織は、「先進国における継続的な広範な刺激策と高い貯蓄率は、2021年下半期に停滞した需要の解放につながると予測されており、これは2022年に引き継がれるだろう」と述べた。

    しかし、2022年の第1四半期には、OPECの原油への要求は、1日あたり2,640万バレルに後退します。これは、予定された増加が行われた後、今月ポンプで汲み上げる可能性のあるレベルを下回ります。今後数ヶ月でより多くのバレルのリターンをドリップフィードするという同盟の暫定計画は、その黒字をさらに大きくすることを意味します。

    そのソフトパッチは、リヤドが生産を抑制するためのOPEC +合意が4月に予定されている満了を超えて継続することを確実にするために推進している理由を説明するのに役立つかもしれません。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese