• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    今日の金レート:価格の上昇が需要を和らげるにつれて、インドの金ディーラーは割引を提供します

    ByRealtrade.news

    7月 17, 2021


    ゴールド インドでは、現地価格の高騰が購入を抑制したため、今週、ほぼ1か月ぶりに割引価格で販売されましたが、他の主要なアジアのハブの購入者も価格の上昇により延期されました。

    インドでは、ディーラーは今週、公式の国内価格よりも最大5ドルの割引を提供していました。これには、先​​週のプレミアムである1.5ドルと比較して、10.75%の輸入税と3%の販売税が含まれます。

    コルカタの卸売業者であるJJゴールドハウスの所有者であるハーシャッド・アジメラ氏は、「州政府が封鎖制限を緩和した後、需要はゆっくりと回復していたが、価格の急騰が回復を妨げた」と述べた。

    中国に次ぐ世界第2位の地金消費国であるインドの金先物は、木曜日の月間48,501ルピーで最高水準に上昇した後、金曜日に10グラムあたり約48,300ルピーで取引されていました。

    ムンバイに本拠を置く金輸入銀行の地金ディーラーは、「価格の上昇は宝石商を混乱させてきた。彼らは在庫を補充したいが、価格が安定していることを考えると小売需要について確信が持てない」と述べた。

    中国では、プレミアムはベンチマークを1オンスあたり約1ドルから2ドル上回っていましたが、先週のプレミアムは1オンスあたり約1ドルでしたが、香港のディーラーは1オンスあたり0.50ドルから1.8ドルのプレミアムを見積もりました。

    「利益のために売っているところもあるが、ほとんどは下落を待っている。 金価格 金を買うために」と語った。香港のWingFung PreciousMetalsの取引責任者であるPeterFung氏は語った。

    世界のベンチマークスポット金価格は、木曜日にオンスあたり1,833.65ドルで1か月の最高値に上昇しました。 [GOL/]

    MKSのグレーターチャイナのリージョナルディレクターであるバーナードシンは、次のように述べています。

    シンガポールの保険料は1オンスあたり1.20ドルから1.80ドルの範囲でした。日本では、金はベンチマークと同等の0.50ドルのプレミアムで販売されました。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese