• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    供給の懸念が高まる中、石油は3日目に落ちる

    ByRealtrade.news

    7月 18, 2021


    東京:金曜日の石油価格は、供給懸念が市場を悩ませ続けたため、3日目に下落しました。 OPEC より多くの国がパンデミックから回復するにつれて需要が戻ってくるという期待の中で、バレルを追加する可能性があります。

    ブレント原油 0018 GMTまでに1バレル73.27ドルで20セント(0.3%)下落し、2日間の大幅な下落の後、今週は3%の下落に向かっています。

    米国原油は12セント(0.2%)下落して1バレル71.53ドルとなり、今週は約4%下落する見通しです。

    内の供給方針に関する議論 石油輸出国機構、ロシアと他の生産者、OPEC +と呼ばれるグループは、アラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)2022年4月を超えて出力ポリシーを拡張することに反対した。

    サウジアラビアとアラブ首長国連邦は現在、市場へのより多くの供給を可能にする協定の最終決定に近づいています。

    OPECは木曜日に、世界の石油需要は、米国、中国、インドでの需要の伸びに牽引されて、パンデミック前の水準、1日あたり約1億バレル(bpd)まで増加すると予想していると述べた。

    レポートによると、6月のOPECの生産量は59万バレル/日増加して2,603万バレル/日となった。

    キャピタル・エコノミクスは、「割当量の増加を背景に、7月には生産量がさらに増加するはずであり、正式な合意がなくても、高価格がグループからのより多くの生産を奨励すると予想している」と述べた。

    米国での原油備蓄の大幅な減少は、通常運転が急増する7月4日の休日を含む週の在庫の増加が新たな需要の懸念を引き起こしたため、価格を支えるのにほとんど役立たなかった。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese