• 月. 12月 6th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    OPEC +は、価格が急騰する中、8月から石油供給を増やすことに合意

    ByRealtrade.news

    7月 18, 2021


    モスクワ/ドバイ/ロンドン:OPEC +の閣僚は、世界経済がコロナウイルスのパンデミックから回復するにつれて、8月から石油供給を引き上げて2年半の高値に上昇した価格を下げることに合意した。

    を含むグループ OPEC のような国や同盟国 ロシア、2022年5月からの新しい生産配分に決定的に合意し、 サウジアラビア およびアラブ首長国連邦(アラブ首長国連邦)それは計画を脅かしました。

    OPEC +は昨年、パンデミックによる需要の低迷と価格の暴落の中で、生産量を記録的な1日あたり1,000万バレル(bpd)削減しました。徐々に供給を回復し、約580万バレル/日の削減を達成しました。

    OPECは声明のなかで、2021年8月から12月まで、グループは供給をさらに200万バレル/日または40万バレル/日増加させると述べた。

    このグループは、新しいウイルスの亜種が原因で世界的な回復が停滞した場合に備えて、より多くの機動の余地を残すために、2022年4月の以前の計画日から2022年末まで全体的な協定を延長することに合意しました。

    リヤドとUAEの両方が即時の生産量の増加を支持していた一方で、UAEは、より高い生産割当を取得せずに協定を2022年12月まで延長するというサウジアラビアの考えに反対しました。

    不一致を克服するために、OPEC +は、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、ロシア、クウェート、イラクを含む、2022年5月からのいくつかのメンバーの新しい生産枠に合意しました。

    全体的な調整により、来年5月からの供給に163万バレル/日が追加されるとのことです。 ロイター 計算。

    アラブ首長国連邦は、削減が計算されているベースライン生産量が、今日の316万8000万から2022年5月から350万バレルに増加することを確認します。

    サウジアラビアとロシアでは、ベースラインが現在の1,100万バレルからそれぞれ1,150万バレル/日に上昇することが見込まれます。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese