• 日. 12月 5th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    米国の原油下落を見越して石油が上昇

    ByRealtrade.news

    7月 18, 2021


    東京:火曜日の石油上昇は前日の落ち込みから回復しました。米国の原油在庫のさらなる減少への期待が、COVID-19の変種の拡散が世界的な景気回復を妨げる可能性があるという懸念を上回ったためです。

    9月のブレント原油は月曜日に0.5%を失った後、0036 GMTまでに25セント(0.3%)上昇して1バレル75.41ドルになりました。 8月の米国西テキサス中間原油は1バレル74.33ドルで、23セント(0.3%)上昇し、前日は0.6%下落しました。

    コモディティブローカーのフジトミのアナリスト、田沢敏隆氏は、「供給の逼迫と米国の原油備蓄の減少に対する楽観論が支持を示した」と述べ、強気な世界の株式も投資家のリスク意欲を高めるのに役立ったと付け加えた。

    「それでも、世界中でのCOVID-19感染症例の急増に対する懸念の高まりと、OPEC +による生産計画の不確実性は、利益を制限する可能性が高い」と彼は付け加えた。

    ロイターの予備調査によると、米国の原油在庫は8週連続で減少すると予想され、ガソリン在庫も減少した。

    原油備蓄は数週間着実に減少しており、米国の在庫は2020年2月から7月2日までの週で最低に落ち込んでいます。

    市場のセンチメントを支え、投資家がCOVID-19コロナウイルスのデルタ変異体が経済成長を妨げる可能性があるかどうかの兆候を探したため、月曜日の世界株式のゲージは記録的に閉じた。

    それでも、世界中からの感染の急増に関する報告により、一部の投資家は慎重になりました。

    世界保健機関は、デルタバリアントが優勢になりつつあり、多くの国が医療従事者を確保するのに十分な量のワクチンをまだ受けていないと警告しました。

    一方、OPEC +は、サウジアラビアとアラブ首長国連邦の間の部門を閉鎖する進展がまだ進んでおらず、先週、石油生産量を増やす取引が妨げられ、今週の別の政策会議の可能性が低くなっているとOPEC +筋は述べた。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese