• 日. 10月 17th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    トムソン・ロイター、収益を発表、買収を狙うロイター

    ByRealtrade.news

    7月 19, 2020


    ©ロイター。ファイルの写真:CEOのジムスミスは、トロントの株主のためのトムソンロイター年次総会で講演します。

    Matt Scuffham著

    トロント(ロイター)-トムソン・ロイターは火曜日に予想を上回る収益を報告し、その株を過去最高に押し上げるのを助け、需要が高まっている法務および税務および会計部門を強化するための買収を引き続き探していると述べた一部は米国の税制改革によるものです。

    ニュースおよび情報プロバイダーの株式は、早い取引で5%上昇して73.24カナダドルに達し、過去最高を記録しました。彼らは8月以来、同社が100億ドル相当の株を買い戻すことで恩恵を受けている。

    Thomson Reutersの第4四半期の収益は15億2000万ドルで、前年は14億1100万ドルでした。 RefinitivのIBESデータによると、特別項目を除いた収益は1株あたり20セントで、前年の1株あたり22セントから減少しましたが、アナリストの平均予測である1株あたり6セントを大幅に上回っています。

    Thomson Reutersは、ファイナンシャル&リスク(F&R)ユニットの55%の株式を、昨年10月にプライベートエクイティ企業Blackstone(NYSE 🙂 Group LPに売却し、ユニット(現在はRefinitivと呼ばれる独立型ビジネス)を約200億ドルで評価しました。

    同社は、Blackstone取引からの170億ドルの収益のうち20億ドルを購入して、法務、税務、経理、企業ビジネスの成長に役立てています。

    「我々には多くの潜在的な目標がある」とジム・スミス最高経営責任者はアナリストに電話会議で語った。 「私たちはそれらのターゲットに優先順位を付ける過程にあり、いくつかのケースでは、いくつかの議論を始めていますが、現在、何か大きなものに引き金を引く寸前ではありません。」

    スミスはロイターニュースにインタビューで、市場の評価は「困難なもの」であると語った。

    「適切な戦略的適合だけでなく、財務的に意味のある適合も見つける必要があります。現時点では、かなり活発なM&A市場です」と彼は言った。

    スミス氏は、米国の税制改革が同社の税務および会計関連製品の需要を刺激していると述べた。

    「急速な規制の変更は私たちのビジネスにとって良いことです」と彼は言った。

    法務、法人、税務、会計がF&R取引に続く3つの最大の単位です。

    為替レートを除くと、四半期の法務収益は4%増加して5億9,900万ドルになりました。税務および経理の売上高は8%増の2億4,800万ドルでした。法人顧客への売上は7%増加し、3億1500万ドルになりました。

    エドワードジョーンズのアナリスト、ブリタニーワイスマン氏は、「当四半期の売上高の伸びに勇気づけられた」と語った。 「F&R事業の売却後も、結果にはまだ動いている部分がたくさんありますが、トムソン・ロイターは、売上成長の加速と収益性の改善に成功の兆しが見え始めています。」

    税率の低下と自社株買いにより、利益は予想を上回ったとワイスマン氏は語った。

    2019年の調整後利益は、現在の14億ドルから14億ドルから15億ドルに増加すると予測しています。

    同社はRefinitivの45%の株式を保持しており、Refinitivはデータとニュースを主に金融顧客に販売しています。 Blackstoneとの合意に基づき、Refinitivは、ニュースサービスへのアクセスを保護するために、30年以上にわたってロイターに最低3億2500万ドルの年間支払いを行います。

    トムソン・ロイターによると、第1四半期のRefinitivの収益は、為替変動を除くと3%増加し、15億5000万ドルになった。

    Thomson Reutersは、カナダのThomsonファミリーによって管理されており、Reuters Newsの親会社です。ロイターニュースの収益は、Refinitiv取引からの初めての貢献を反映して、倍増して1億5,500万ドルになりました。スミス氏はカンファレンスでアナリストに語ったところによると、この部門が今後の全体的な収益性に大きく貢献することを期待しています。

    Thomson Reutersは2018年全体で4%の全体的な収益成長を報告しました。ブラックストーン取引の影響を除いた収益は2.5%増加した。

    2019年については、同社は3%から3.5%の本源的収益の成長を予測しています。 2020年には、12月のガイダンスに沿って、3.5%から4.5%の収益成長を見込んでいます。





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    English English Japanese Japanese