• 金. 10月 22nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    Ahead of Market:Ahead of Market:月曜日の株の動きを決める12のこと

    ByRealtrade.news

    7月 20, 2020


    ニューデリー: 気の利いた 金曜日の10,900のレベルを上回り、日足チャートでは強気のキャンドルに続いてハンマーが形成され、主要なサポートレベルでの強い購買関心が示されました。

    Motilal OswalのChandan Tapariaは、指数が10,800レベルを超えて11,000レベル、11,200レベルに向けて新たに上昇する必要があると語った。

    Chartviewindia.inのMazhar Mohammad氏によると、Niftyが長い影のある週刊チャートに「ハンギングマン」編成を形成したため、週刊チャートはそれほど魅力的ではないようです。 「強気のバイアスを維持するには、指数が10,900レベルを超えることが重要です。」

    シュミートバガディア 選択肢のブローキングは、現在のレベルでのニフティのサポートは10,750であり、11,040〜11,100ゾーンで抵抗が見られると述べています。

    とはいえ、月曜日の市場行動に対していくつかの主要な指標が示唆していることを以下に示します。

    金曜日の米国の在庫は主に高く終わった
    Netflixの株価が失望した収益を受けて後退したため、ウォール街の株価は、主に金曜日の不安定な週を終え、混合経済データを受けて上昇しました。ダウは0.2%低下して26,671.95になり、広域ベースのS&P 500は0.3%上昇して3,224.73になり、技術に富んだナスダックは0.3%勝って10,503.19になりました。

    欧州株式は混合で終了しました
    欧州連合の指導者たちがブロックの主要なコロナウイルス回収パッケージに関する取引について話し合ったため、金曜日のヨーロッパの株式は混合してクローズしましたが、米国の訴訟は引き続き急増しました。 FTSEは0.63%上昇し、ドイツのDAXは0.35%上昇しましたが、CACは0.31%低下しました。株価は、アジアで一夜に見られた慎重な調子に続きました。そこでは、市場は、取引週の最終日に混合されたバッグでした。

    テックビュー:気の利いた道のぶら下がり男
    金曜日のNifty50はクロージングベースで10,900を上回り、日足チャートで強気のキャンドルを形成しました。前のセッションの「ハンマー」編成で示唆されたように、指数はより低いレベルでの買いを見ていました。楽観主義の理由はあるものの、強気筋は週次チャートに表示される「絞首刑執行人」に留意しなければならない、とアナリストたちは述べた。

    F&O:ボラティリティの低下が強気バイアスをサポート
    インドVIXは4.74%低下して24.15レベルになりました。全体的にボラティリティが低下しているため、市場は下落に対する買いの関心を持つより高いベースを形成しています。オプションデータは、10,600から11,200レベルの即時取引範囲を示唆しました。

    強気のバイアスを示す株
    運動量指標移動平均収束発散(MACD)金曜日に、BPCL、Cadila Healthcare、M&M、Cyient、Edelweiss Financial Services、Infibeam Avenues、Berger Paints、Strides Pharma Science、Apollo Micro Systems、Westlife Development、Bata India、Bajaj Auto、KCPのカウンターで強気の取引設定が示されましたその他。

    先行きの弱さを示す銘柄
    MACDはのカウンターに弱気の兆候を示した タタコンサルティングサービス、Indiabulls Real Estate、Karnataka Bank、JM Financial、Fineotex Chemical、Clariant Chemicals、Tamilnadu Petroproducts、INEOS Styrolution、DB Corp、 JKラクシュミセメント、Linde India、Jiya Eco Products、Magnum Ventures、Archidply Industries、Crisilなど。

    金額で最も活発な株
    RIL(Rs 4304.59 crore)、Infosys(Rs 2863.13 crore)、Bajaj Finance(Rs 2756.74 crore)、BPCL(Rs 2301.84 crore)、Britannia Industries(Rs 1732.91 crore)、HCL Tech(Rs 1692.36 crore)、HDFC Bank(Rs 1534.36 crore) crore)、Axis Bank(Rs 1445.19 crore)、Cipla(Rs 1045.17 crore)とTCS(Rs 993.74 crore)は、金曜日に最も価値の高い銘柄でした。

    量的に最も活発な株
    ボーダフォンアイデア(取引株式:76.36クロー)、BHEL(取引株式:7.88クロー)、YESバンク(取引株式:7.09クロー)、SAIL(取引株式:6.87クロー)、BPCL(取引株式:5.38クロー)、インド石油(株) (取引された株式:5.11クロー)、SBI(取引された株式:4.70クロー)、Federal Bank(取引された株式:4.31クロー)、Tata Motors(取引された株式:4.21クロー)、およびUttam Value Steel(取引された株式:3.97クロー)は、金曜日のセッションで最も取引された株。

    買いに関心のある株
    Granules India、Info Edge、Cipla、Laurus Labs、Ipca Labsは、金曜日に52週間の高値を記録し、強気の感情を伝えているため、市場参加者から強い買いの関心が集まりました。

    売り圧力を見ている株式

    Aarti Surfactants、B.C.パワーコントロール、ミッタルライフスタイル、オマックスは金曜日のセッションで強い売り圧力を目の当たりにし、52週間の安値を記録しました。

    感情メーターはクマを支持します

    全体として、市場の幅は依然として強気派に有利でした。 BSE 500インデックスの373もの株がその日を緑で決済し、125がその日を赤で決済しました。

    ポッドキャスト:ロビンフッド投資家向けのShyam Sekharの第一人者のマントラ

    データは、FPIとDIIが一緒になって、これまでに7月に8,000クローネを超える価値のあるシェアをオフロードしたことを示しています。一方、ベンチマークのBSE Sensexは、これまでの月ベースで6%上昇しました。これは、ロックダウン中に市場に参入した何百万もの新しい投資家が大群の株を購入している可能性が高いことを意味します。これらの投資家は失礼なショックを受けていますか?





    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese