• 木. 12月 2nd, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    株式市場:FPIは今年度これまでのところインドの資本mktsから純Rs 6,105crを引き出しています

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 1, 2021


    ニューデリー:外国のポートフォリオ投資家(FPI)国の多くの地域でのパンデミックとその結果としての破壊の中で、進行中の会計年度にこれまでのところインドの資本市場から6,105ルピーの純額を引き出しました。 エクイティベンチマークのBSEセンセックスは、今年度の4月から7月にかけて、3,077.69ポイント(6.21%)上昇しました。

    市場の明るい感情を反映して、ベンチマークは2021年7月16日に53,290.81の史上最高値に達しました。それは、7月15日に53,158.85の生涯最高値で終了しました。

    預託機関のデータによると、今年度の最初の4か月間に、6,707ルピーが株式から純額で引き落とされました。

    同時に、602億ルピーの純額が債務セグメントに投資された。

    これにより、レビュー対象期間中の純引き出し総額は6,105ルピーに達しました。

    データは、FPIが13,269ルピーを投資した6月を除くすべての月で純売りであったことを示しました。

    純流出額は、4月に9,435ルピー、5月に2,666ルピー、7月に7,273ルピーでした。

    「最初の4か月間で心強いのは、インドでの新規投資家登録の数が、発表されたデータによると、前年比で2.5倍に増加しているという事実です。 NSE」と語った。LKPセキュリティーズのリサーチ責任者であるSランガナサン氏。

    市場の専門家は、会計年度はCOVID-19症例の急増と、その結果として投資家の感情を低下させるさまざまな州によって課された制限から始まったと述べました。

    6月は、国内で一貫して減少しているコロナウイルスの症例を背景に、局地的な封鎖が徐々に解除され、投資家の感情が改善したことを目の当たりにしました。 Srivastava、アソシエイトディレクター-マネージャーリサーチ、 モーニングスターインド

    「FPIは6月中旬からインドの株式市場に慎重になり始め、7月まで同じスタンスを続けた。 米連邦準備制度理事会想定よりもはるかに早く金利を引き上げる可能性があるというタカ派の声明は、彼らのスタンスの変化の前兆だった」と述べた。

    彼はさらに、流出はあるが、それは法外に高くはなく、これは外国人投資家がインドの株式に否定的ではなく慎重な姿勢を取っていることを意味すると述べた。

    今後、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策は、債券購入の縮小や原油価格の上昇について話し始めていることを示しながら、ベンチマーク政策金利を据え置いていることから、国内市場のFPIフローは引き続き変動すると予想されます。 、 言った シュリカント・チョウハン、エグゼクティブバイスプレジデント、エクイティテクニカルリサーチ コタク証券



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese