• 火. 11月 30th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    インドのトップ自動車メーカーは水素を「興味深い代替品」と見ているロイター

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 2, 2021


    ©ロイター。 ファイル写真:マルチスズキインディアリミテッドの本社は、2016年2月26日、インドのニューデリーにあります。REUTERS/ Anindito Mukherjee

    アディティ・シャー

    ニューデリー(ロイター)-移動性のための水素発電の使用は、特にリチウム輸入への依存を減らすので、インドにとって「興味深い代替手段」である、とインドの最も売れている自動車メーカーであるマルティスズキの会長は月曜日に言った。

    バッテリー用のリチウムの需要は、世界中の政府が自動車メーカーに、内燃機関を段階的に廃止することによって、炭素排出量を削減するという厳しい目標を達成するように促しているため、急増しています。

    しかし、インドでは、バッテリーのコストが高く、充電インフラが不十分なため、自動車メーカーによる電気自動車(EV)の採用は遅れています。 インドにもリチウムの埋蔵量はなく、その大部分は世界的に中国によって管理されています。

    これにより、1人当たりの収入が約2,000ドル、つまりヨーロッパと日本の約5%であり、販売された自動車の95%が20,000ドル未満の価格であるインドのような国では、EVの販売が困難になっているとMarutiのRCBhargava会長は同社の株主に語った。年次報告。

    「正味ゼロ排出に向けた戦略は、国内の経済およびインフラの状況と一致している必要があることを認識する必要があります」とバルガバ氏は述べています。

    マルチは、燃料消費量と排出量を削減するために、圧縮(CNG)で動作する自動車の販売を推進し、ハイブリッド技術にも投資していると述べ、「水素の使用も興味深い代替手段です」と付け加えました。

    マルチを管理するスズキモーターコーポレーションも、インド市場に適したクリーンテクノロジーの開発を優先しているとバルガバ氏は述べ、スズキとの提携は トヨタ 日本のMotor(NYSE 🙂 Corpは、この取り組みにとって価値があると証明するでしょう。

    テスラ(NASDAQ 🙂 Incが電気自動車の輸入税を引き下げるよう政府に働きかけ、EVをめぐる議論がインドで勢いを増していることから、バルガバのコメントが寄せられています。

    テスラの需要はインドの自動車産業を二極化し、韓国の現代自動車は国の自動車市場の約18%のシェアを持ち、マルティの最も近い競争相手であり、輸入の減税を支持している。

    水素を支持するマルティのコメントは、リライアンス・インダストリーズのムケシュ・アンバニ会長が、燃料電池とグリーン水素を生産するためのギガ工場の設立を含め、クリーンエネルギーに100億ドルを投資すると述べた数週間後にも来ます。

    免責事項: フュージョンメディア このウェブサイトに含まれるデータは必ずしもリアルタイムでも正確でもないことをお知らせします。 すべてのCFD(株式、インデックス、先物)と外国為替価格は取引所ではなくマーケットメーカーによって提供されるため、価格は正確ではなく、実際の市場価格と異なる場合があります。つまり、価格は指標であり、取引目的には適していません。 したがって、Fusion Mediaは、このデータを使用した結果として発生する可能性のある取引上の損失について一切責任を負いません。

    フュージョンメディア または、Fusion Mediaに関係する者は、このWebサイトに含まれるデータ、見積もり、チャート、売買シグナルなどの情報に依存した結果として生じた損失または損害について一切の責任を負いません。 金融市場の取引に関連するリスクとコストについて十分に通知してください。これは、可能な限り最もリスクの高い投資形態の1つです。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese