• 日. 12月 5th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    金レート:黄色の金属が上向き。 シルバートップスRs68,000

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 4, 2021


    ニューデリー: ゴールド 水曜日の国内市場の価格は上昇し、世界的な手がかりを追跡した。 イエローメタルの上昇は、抑制されたドルによって支えられています。

    MCXの金先物は0.15%、つまり72ルピー上昇し、10グラムあたり47,936ルピーでした。 銀先物は0.31%、つまり210ルピーで取引され、1kgあたり68,124で取引されました。

    金価格はレンジバウンドで取引されており、グローバルな手がかりが混在しているため、取引量は少なくなっています。 トレーダーや投資家が慎重になっている一方で、デルタバリアントのケースの拡大に対する懸念の高まりは、金のマイナス面を抑えています。

    ドルは他の通貨に対して最近の安値近くに固定されました。 低金利は、利回りのない地金を保有する機会費用を削減します。

    コタク証券のコモディティリサーチ責任者であるラビンドラ・ラオ氏は、金は株式と米ドルの不安定さと米国の雇用報告に先立つ不確実性の中で、1オンスあたり1,800ドルを超える範囲で取引を続けていると述べた。

    「しかし、支持価格はウイルス事件の増加、中国経済への懸念、不均一な景気回復である。しかし、ETFの流出は投資家の関心が弱いことを示している」と彼は付け加えた。

    Indian Bullion and Jewelers Associationによると、スポット市場では、木曜日に最高純度の金が10グラムあたり48,017ルピー、銀が1kgあたり67,752ルピーで販売されました。

    取引戦略
    シニアのタパン・パテル氏は、「COMEXスポットの金のサポートは1オンスあたり1,800ドル、レジスタンスは1オンスあたり1,820ドルで、金価格は当日横ばいで取引されると予想している。MCXゴールド10月のサポートは47,600ルピー、レジスタンスは48,100ルピーである」と述べた。アナリスト(コモディティ)、HDFC証券。

    グローバル市場
    スポット金は、グリニッジ標準時0303年までに0.2%上昇してオンスあたり1,814.27ドルになりましたが、米国の金先物は0.1%上昇して1,816.00ドルでした。

    銀は0.4%増の1オンスあたり25.65ドル、プラチナは0.1%増の1,050.39ドルでした。 パラジウムは0.2%上昇して1オンスあたり2,652.99ドルとなり、前のセッションで1週間の最高値である2,707.28ドルに達した。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese