• 月. 12月 6th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    需要を削減するためにCOVID-19バリアントが拡散した懸念で3日目のオイルドロップ

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 4, 2021


    シンガポール:水曜日の石油価格は、消費量の多い国々でのコロナウイルスのデルタ変異体の拡散の増加が燃料需要を削減するという懸念が高まっているため、3日目に下落しました。

    ブレント原油 石油先物 0129 GMTの時点で、22セント(0.3%)下落して1バレル72.19ドルになりました。 米国ウェストテキサスインターミディエイト(WTI)原油は、33セント(0.5%)下落して1バレル70.23ドルになりました。

    両方の先物は火曜日に7月21日以来の最低値まで下落した後、終値までにある程度の地盤を取り戻しました。

    世界の2大石油消費国である米国と中国は、アナリストが両国で伝統的に増加している燃料需要を制限することを恐れている、伝染性の高いデルタ変異体の急速な発生に取り組んでいます。

    ANZはメモの中で、「デルタバリアントのケースが増加する中、経済活動の季節的な弱さは引き続きセンチメントを圧迫している」と述べた。

    「中国の州のほぼ半数が最近の発生に悩まされています。これは夏の旅行シーズンがピークに達するときに起こります。これは見られる可能性があります 原油 需要は圧迫されている」と語った。

    中国では、沿岸から内陸の都市への亜種の蔓延により、当局は発生を制御するための厳格な措置を課すようになりました。

    それでも、湾岸の地政学的緊張の高まりは、需要の懸念を相殺する可能性があります。

    火曜日に、イランが報告を否定したが、3つの海事治安筋がイランの支援を受けた軍隊がアラブ首長国連邦の沖合で石油製品タンカーを押収したと非難した。

    これは、ホルムズ海峡の石油輸出チョークポイントを含む、この地域での金曜日以来のタンカーへの2回目の攻撃です。 英国と米国はまた、ドローンが船に衝突し、2人の船員を殺したという以前の事件についてイランを非難している。

    米国の備蓄データは、原油、留出油、ガソリンの在庫が減少したため、価格をある程度裏付けるものでもありました。

    火曜日のアメリカ石油協会の数字を引用して、2つの市場筋によると、7月30日に終了した週の原油備蓄は879,000バレル減少した。

    匿名を条件に話した情報筋によると、ガソリン在庫は580万バレル減少し、留出物在庫は717,000バレル減少した。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese