• 火. 11月 30th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    トヨタは記録的な利益を上げているが、チップクランチがロイターに重くのしかかるため、見通しには慎重である

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 4, 2021


    ©ロイター。 ファイル写真:エスティマハイブリッドモデルのトヨタ自動車のロゴは、2017年2月6日、東京の本社で撮影されました。REUTERS/ Kim Kyung-Hoon / File Photo

    白木真希さん、白鈴典彦さん

    東京、8月4日(ロイター)-パンデミックに見舞われた売上高が回復したため、トヨタ自動車は水曜日に記録的な四半期営業利益を記録したが、COVID-19症例の増加と世界的なチップ不足を理由に通年の見積もりを引き上げることを控えた。

    世界最大の自動車販売台数は、5月の今年度の営業利益2.5兆円(229億3000万ドル)の予想を下回り、24人のアナリストによると、平均2.88兆円の営業利益予想を下回った。 Refinitiv。

    トヨタの株価は水曜日の午後の取引で2%下落し、午前のセッションからの損失を拡大し、一部の投資家は同社が利益ガイダンスを解除しなかったことに失望した。

    トヨタは声明のなかで、「第1四半期には、厳しい事業環境にもかかわらず、改善活動の成果を確認した」と述べた。

    「今後もこれらの活動を継続していきますが、新興国でのCOVID-19の拡大、半導体不足、材料価格の高騰などにより、状況は依然として予測不可能です。」

    日本最大の自動車メーカーの営業利益は、6月30日までの3ヶ月間で9974.9億円(91.5億ドル)に上昇し、リフィニティブが調査した10人のアナリストによる平均推定7520億円を上回り、パンデミックで得た139億円を大きく上回った。 -1年前に第1四半期にヒットしました。

    直近の四半期の利益も、有利な為替変動により押し上げられました。

    自動車メーカーは、昨年の765万台から今年度は870万台の販売予測を維持した。 投資家向けプレゼンテーションによると、第1四半期の販売台数は2019年近くまで回復し、電動車両の比率は着実に上昇しました。

    チップショート

    トヨタは、現代自動車やフォードモーター(NYSE :)などのライバルの生産に打撃を与えている世界的な供給不足の中で、エンジンのメンテナンスから自動車の安全や娯楽システムに至るまで、あらゆる用途に使用される半導体を備蓄してきました。

    ロイター通信によると、2011年の福島県浜通りをきっかけに策定された事業継続計画では、注文から納品までの時間に応じて、2〜6か月分のチップを備蓄する必要がありました。

    BMWとステランティスは火曜日に最新の主要な自動車メーカーになり、今年業界を悩ませてきた世界的な半導体チップの不足が2021年以降も続き、生産と販売に打撃を与えると警告した。

    火曜日に、ゼネラルモーターズ(NYSE :)は、その非常に収益性の高いフルサイズのピックアップトラックを作る来週の3つを含む不足のためにいくつかの北米の工場を閉鎖すると発表した。

    世界的な半導体チップの不足は、自動車メーカーに今年5月にコンサルティング会社AlixPartnersが言った収益の損失で1100億ドルの損失をもたらすでしょう。

    トヨタも無傷ではありません。

    タイでは、パンデミック関連の部品不足により、先月、3つの製造工場で車両の生産を停止したため、生産が困難になっています。

    米国では、サプライチェーンの取り組みにより在庫が減少し、ディーラーが車両を自分で取引または譲渡して顧客に時間どおりに配達できるようにしたにもかかわらず、第1四半期の販売量を維持することができました。

    ($ 1 = 109.0400円)



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese