• 火. 11月 30th, 2021

    TRADEVIEW MARKET-INSIDER

    Market news from tradeview.tech

    マラソン・ペトロリアムは、ロイターによる燃料需要の懸念について、四半期ごとのスループットが低下すると予想している

    ByTRADEVIEW FOREX

    8月 4, 2021


    ©ロイター。 ファイル写真:2018年10月1日、米国テキサス州エルパソのエルパソ製油所の外にあるマラソンペトロリアムバナー。REUTERS/ Julio-Cesar Chavez

    (ロイター)-米国の石油精製業者であるマラソンペトロリアムコーポレーション(NYSE :)は、コロナウイルスの非常に伝染性の高いデルタ変異体の拡散が燃料需要の回復を脅かしているため、第2四半期と比較して第3四半期の原油処理量がわずかに少なくなると予想していると述べた。

    米国のガソリンおよびディーゼル燃料の需要がパンデミック前のレベルにほぼ回復したため、精製業者は第2四半期に原油処理を強化しましたが、精製製品は、デルタバリアントが旅行関連の需要に影響を与える可能性があるという懸念の高まりから逆風に直面しています。

    マラソンペトロリアムは、6月30日に終了した第2四半期の290万バレル/日と比較して、1日あたり280万バレルの原油処理量である今四半期のスループットを予測しています。第2四半期には第1四半期から30万バレル/日増加しました。

    マラソンのライバルであるフィリップス66(NYSE :)も、1年以上ぶりの調整後四半期利益を計上したが、火曜日の第3四半期の市況が製油所の利用レベルを決定すると述べた。

    精製およびマーケティングのマージンは、第2四半期に23%増加して1バレルあたり12.45ドルになり、原油の稼働率は第1四半期の83%から94%に増加しました。

    マラソンペトロリアムに帰属する調整後純利益は、第1四半期の1億3,200万ドル(1株あたり20セント)の損失と比較して、第2四半期には4億3,700万ドル(1株あたり67セント)でした。

    アナリストは、過去2か月の見積もりを大幅に削減した後、平均して1株あたり39セントの利益を期待していました。

    免責事項: フュージョンメディア このウェブサイトに含まれるデータは必ずしもリアルタイムでも正確でもないことをお知らせします。 すべてのCFD(株式、インデックス、先物)と外国為替価格は取引所ではなくマーケットメーカーによって提供されるため、価格は正確ではなく、実際の市場価格と異なる場合があります。つまり、価格は指標であり、取引目的には適していません。 したがって、Fusion Mediaは、このデータを使用した結果として発生する可能性のある取引上の損失について一切責任を負いません。

    フュージョンメディア または、Fusion Mediaに関係する者は、このWebサイトに含まれるデータ、見積もり、チャート、売買シグナルなどの情報に依存した結果として生じた損失または損害について一切の責任を負いません。 金融市場の取引に関連するリスクとコストについて十分に通知してください。これは、可能な限り最もリスクの高い投資形態の1つです。



    Source link

    TradeviewForex入会特典

    Tradeviewforex.infoでは特別にトレード手数料を抑えたアカウントを提供しています。
    ・Xレバレッジ:手数料80%割引(例:1000円→200円)※スプレッド圧縮の形での還元
    ・ILC口座:1ロット当たりの手数料60%オフ(通常500円→300円)

    追加アカウントでの入会の場合は、連絡事項に「212283に乗換を希望」とご記入ください。

    English English Japanese Japanese